お知らせ

 最新のお知らせ

お知らせは、Facebookページで公開するように変更しましたので、最新のお知らせについては、Project Next-Lのfacebookのページでご覧ください。

過去のお知らせ

 Next-L Enju Leaf 1.0.0.beta10 リリース - tanabe (2011年09月12日 02時35分39秒)

Next-L Enju Leaf 1.0.0.beta10をリリースしました。

VMware仮想マシンも用意しています。

主な変更点は以下のとおりです。

  • (機能追加)図書館の詳細情報で、住所の多言語表示をできるようにした
  • (機能追加)書影の取得元を、設定ファイルで指定できるようにした。Google BooksとAmazon Web Servicesを指定可能。既定ではGoogle Booksを使用
  • (機能追加)Webサイトのサムネイル取得元を、設定ファイルで指定できるようにした。MozShot, SimpleAPI, HeartRails Capture, thumbalizrを指定可能。既定ではMozShotを使用
  • (変更)ユーザが自分のアカウント情報を変更する際に、現在のパスワード入力を必須とするように変更
  • (変更)ユーザがログインしたときのURLを /users/username から /my_account に変更
  • (変更)ユーザへのメッセージのURLを /users/username/messages から /messages に変更
  • (変更)rails 3.0.10にアップデート
  • (変更)シリーズ情報の編集機能を作り直した
  • (修正)資料検索で、資料につけられたタグを2回取得していたのを修正
  • (修正)ブックマーク一覧の表示で、キャッシュが効いていなかったのを修正
  • (修正)資料返却がFirefoxで動作していなかったのを修正
  • (修正)資料・人物団体・催し物インポート用ファイルをAmazon S3に保存するように設定していた場合に、インポートが正しく動作していなかったのを修正
  • (修正)beta9でschema.orgの属性を追加したときに、HTMLの妥当性チェックが通らなくなっていたのを修正
  • (修正)資料の検索結果一覧で、出版日による並べ替えのリンクが誤っていたのを修正
  • (修正)人物・団体一覧のRSSフィードで、レコード作成日が含まれておらずにエラーになっていたのを修正
  • (修正)貸出ルールを変更したときに、既存の資料の貸出ルールが正しく更新されないことがあったのを修正
  • (修正)相互貸借の作成・更新時に貸出状況の表示が更新されないことがあったのを修正
  • (修正)予約のかかっている資料の書誌を削除できないように修正
  • (修正)PORTAからの書誌取得で、出版日と言語が正しく取得できなくなっていたのを修正。なお、1.0のリリースまでには、既定の書誌の取得元はPORTAからNDLサーチに変更する予定です
  • (修正)ログイン時のメッセージ(「ログインしました」など)が表示されていなかったのを修正

 RubyKaigi2011で発表します - tanabe (2011年07月15日 21時49分27秒)

7月16日(土)から18日(月)にかけて行われるRubyKaigi2011で、参加者の田辺が発表を行います。

 Next-L Enju Leaf 1.0.0.beta9 リリース - tanabe (2011年06月30日 10時34分31秒)

田辺です。

Next-L Enju Leaf 1.0.0.beta9です。VMware仮想マシンもあわせて公開しています。

今回の変更点は以下のとおりです。

  • (機能追加)詳細検索で指定できる項目に受入日を追加
  • (機能追加)資料の詳細表示画面に、schema.orgで定義されている属性を追加
  • (機能追加)書誌・所蔵・人物・利用者・図書館・書架の各情報の入力において、入力必須項目を示すようにした。既定では赤色の"*"印を表示
  • (機能追加)資料返却の督促を期限の何日前に送信するか、また期限後に何回送信するかを、利用者グループごとにWeb上で設定できるようにした
  • (修正)利用者インポート用TSVファイルのサンプルで、ファックス番号の項目名が誤っていたのを修正
  • (修正)資料のインポートで、ISSNが空白の定期刊行物が正しくインポートされていなかったのを修正
  • (修正)Ruby1.8でTSVファイルによるインポートが動作していなかったのを修正
  • (修正)所蔵情報の入力で、注記の入力欄が表示されていなかったのを修正
  • (修正)検索結果が0件の場合に表示される検索エンジンフォームのHTMLが誤っていたのを修正
  • (修正)ファセット検索で、言語絞り込みのリンクが誤っていたのを修正
  • (修正)利用者が自分のパスワードを変更後、自動的にログアウトしてしまうのを修正
  • (修正)資料の詳細表示画面で、版の情報が表示されていなかったのを修正
  • (変更)定期刊行物の検索結果一覧において、今までは各号が一覧にすべて表示されていたのを、1件のみ表示するように変更
  • (変更)利用者の有効期限をテキストフィールドで入力するように変更

 Next-L Enju Leaf の VMware仮想マシンを用意しました - tanabe (2011年03月09日 22時17分56秒)

Next-L Enju Leaf の VMware仮想マシンを用意しました。入手と使用方法の説明は以下のWebページをごらんください。

 Next-L Enju Leaf 1.0.0.beta1 リリース - tanabe (2011年03月09日 22時15分59秒)

Next-L Enju Leaf 1.0.0.beta1をリリースしました。

Enju Leafは3月末に1.0.0のリリースを予定しています。

お名前: コメント:

 9月11日(土)にオフラインミーティングを行います - tanabe (2010年08月30日 22時13分50秒)

来る9月11日(土)に、Project Next-Lのオフラインミーティングを行います。今後の開発やプロジェクトの方向について、ご相談させていただければと思っています。

  • 日時 : 2010年9月11日(土) 14:00〜17:00(終了時刻は予定)
  • 場所 : 慶應義塾大学三田キャンパス 北新館 第1会議室

多くの方々の参加をお待ちしています。

 Next-L Enjuを利用した「国立国会図書館サーチ(開発版)」が公開されました - tanabe (2010年08月17日 17時43分28秒)

Next-L Enjuを利用した「国立国会図書館サーチ(開発版)」が公開されました。システム全体の構成とEnjuの採用箇所については、「国立国会図書館サーチ(開発版)のシステムについて 」をごらんください。

 "Enju Light"を公開しました - tanabe (2010年06月22日 13時08分22秒)

Enjuの軽量版"Enju Light"を公開しました。

変更点は以下のとおりです。

  • FRBRモデルの省略

Work/Expressionの部分を省略しています。そのかわり、書誌登録のための画面遷移は大幅に少なくなっています。

  • 一部機能の省略

「図書館からのお知らせ」機能は、外部のブログをWebAPIを介して読み込むことを前提にして、本体から削除しました。

  • Rails3での動作

使用するWebアプリケーションフレームワークを、高速化をうたっているRails3に変更しました。Rails3はまだベータ版ですが、現行Enjuの将来の対応のために、先行して採用しています。

 Twitterアカウントを作成しました - tanabe (2010年05月17日 13時39分48秒)

Twitterアカウント @enju_library を作成しました。EnjuやProject Next-Lについてのご質問やご要望をお気軽にお寄せください。

お名前: コメント:

 カーリルAPIコンテストに参加しました - tanabe (2010年05月12日 02時24分17秒)

去る5月1日に行われたカーリルAPIコンテストに、「Next-L Enju 紹介状発行プラグイン」を出品しました。詳細は田辺の日記をごらんください。

[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ]


編集ログイン 最終更新のRSS